我が家のふくろう 

ふくろうスタッフの紹介のページです。



 

 ライちゃん

ワシミミズク


2010年生まれ

キングオブワシミミズクの名にふさわしく
ふくろうの中でも最大種に位置するふくろうです。
我が家の子は少々小ぶりのようですがそれでも圧巻の一言です。

・・・・なのですがこのライちゃん、ほかの子たちに比べると
信じられないくらいおとなしいようです。

ほかのふくろうたちともとっても仲良しです。

 

 フウちゃん

メガネフクロウ

2011年生まれ

とても人懐っこく私の肩に乗るのが大好きなちょっと変わった
くせのある男の子です。
ライちゃんもとても仲良しな胆の据わった子です。

ほかの子をかまってるときはポーカーフェイスを決め込んで
いますが、目からかまって光線が出ているのは
フウちゃんには内緒です。(笑)

 

ココロちゃん

メガネフクロウ

2012年生まれ

フウちゃんの相方です。
相性もいいようでフウちゃんと同じ小屋に住んでいます。
やはりメスですね。
食欲もフウちゃんよりあり、体重も100グラムは重いです。
幼いのでまだまだやんちゃ盛りです。(笑)

 
 

ボンちゃん

メンふくろう
不明
2012年生まれ

メンフクロウ・・・・フクロウなのでしょうが他のフクロウとは
かなり雰囲気が違いますね。
活発でその分食欲も旺盛でライちゃんと同等ぐらい
食べますね。(苦笑)
もう、部屋の中だったらバンバン飛んでくるようです。
つぶらな瞳で見られると、ちょっとしたいたずらなんかは許して
しまったりしています。(笑)
 
 

ニッちゃんとゲッちゃん

ミナミアフリカオオコノハズク
両方♂
2012年生まれ

我が家にメンフクロウとほぼ同時期に来た子達です。
木の枝のように細くなったり、威嚇で扇形になったりで
一躍有名になったのはこの種類です。
(掛川花鳥園のポポちゃんと同種)

現在、部屋の中ですとメンフクロウの影響か?
飛んでえさを採りにくるようです。
泣き声なもキュートでとってもかわいいです。

現在、相方の♀、募集中です。(笑)

先日、2013年2月16日志村動物園に出演した子達です
(タカトシペットショップ、ゲスト宮崎あおいさん)

 
 

ワカちゃんとシロちゃん

メンフクロウ
ワかちゃん♀、シロちゃん♂
2013年生まれ

シロちゃんはボンちゃんと同じ種類の子です。
この子は生後3週間くらいから面倒を面倒を見てきたので
とても勉強になりました。

顔やおなかが真っ白で斑点もほとんどないのでシロちゃんになりました。

ボンちゃんに比べてかなり食が細いのですがこの垂れ目に
似合わず活発でしかも体重が軽いので身軽、しかもいたずら好き・・・
ちょっと困った子です。(苦笑)


ワカちゃんはシロちゃんより半年後に生まれた子です。
他の人には非常におとなしいのですが私管理人はかまい過ぎたせいか
ワイルドなあまえかたをしてきますね。

2羽ともとっても仲良しさんで、たまに展示中でもいちゃついてることがありますね。


 
 

レイちゃん

ニュージーランドアオバズク
性別不明

2013年生まれ
なかなかの精悍な顔と体躯の持ち主です。
ちょっとせわしいところもございますがのんびりしていることも多いですね。
ファンも多いですね。

 

 
 
ピカちゃん

アフリカワシミミズク
性別不明

2013年生まれ

この子も大人しい子ですね。
誰にでも優しいです。
今度一緒にお出かけしたいですね。


 
 
カリンちゃん

ユーラシアワシミミズク
性別不明ですがおそらくメスみたいです。
(DNA鑑定、未鑑定)
2013年生まれ

はじめはなかなか懐きませんでしたが最近では
なでしこJAPANの岩清水選手に抱っこしてもらうなど
ふくろう茶房の花形の子になりました。
今な穏やかになりましたが私管理人はちょっと苦手なようです。(;一_一)
 
 
 
ミルキーちゃん

画像は後ほど 

あと1~2羽家族になります。

乞うご期待!!


その他、猛禽家族

 

 キイちゃん 

ハリスホーク

2007年生まれ

ふくろうではありませんがこの子も大事な我が家の家族です。
いわく付きで、はじめはとても気性の荒い子でしたが
私たちと相性が良かったのでしょうか?
一年かかりましたがすっかり懐いてくれました。
もともと頭のいい子だったのでフリーフライトなどは
私でも何とかなっています。
最近は表情もやさしくなってきて・・・・
でも、やんちゃな子でたまに私のあごをかみます。
アマガミなのでしょうがちょっと痛いですね。(笑)

ふくろうたちとは一緒にできませんけどね。
いずれ相棒ができたらいいなぁと思っていますがさて・・・。(苦笑)



 TOP